●◆●海外リサーチの高度化が必要な時代になっている

企業の海外進出を成功させるためには、調査すべきことが多岐に渡ります。
私どもは、10数年のグローバルビジネスご支援のなかで培ったノウハウをもとに、定量・定性両面から戦略立案に必要な現地情報や現地トレンドを調査、お客様に分かりやすい形でご提供することで、海外進出の成功率を上げます。

「海外リサーチはどこから始めればよいのかわからないし、
英語や現地語で調べるのは難しい・・・
誰かに依頼したらすぐにやってくれないか・・・」

そういった悩みを解決するために、各種調査会社を利用してオンライン上でアンケートに回答してもらい、回答結果を集計する定量調査サービスを利用したり、スペシャリストによる調査設計や抽出条件のアドバイス、データの加工や集計、レポーティング、など様々な情報・データ収集ニーズに対応する調査サービスを活用することが多いと思います。

ただ、大半の調査会社、公的機関、法律・会計事務所においては、ノウハウとしてある程度体系化してリサーチのスピードはあがっているものの、そもそもIT技術/デジタルのエキスパートではないため、過去のファイルを眺めてみたり、インターネットで検索したり、関連のデータベースを調べてみたり、まだまだ散らばる情報のデジタル化の余地があるアナログな手法が広がっていると思います。

メガトレンドとしてクラウド化やアジアへの世界の重心移動が進んでいく中で、今後は、それらのデータ収集をデジタルに体系化して、自動収集・最新化、さらにそれらのデータをクイックに分析することができるプラットフォームが必要になってくるのではないかと思います。そういったサービスを私どもは作ろうとしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中